カウンター 忍者ブログ
中国種イボイモリ・ファイアサラマンダー各亜種を多数飼育しています。 繁殖を主眼として日々試行錯誤しながら飼育を楽しんでいます。 繁殖~成長過程、日々の出来事など紹介していきたいと思っています。 水棲種有尾類は飼育休止中です。
[1] [2] [3]
孵化から1カ月半、すくすく育ってます。

同時期に孵化したプルケリマよりも成長は遅いです。
大きい個体で3.5cmぐらいでしょうか。

 

こちらは大型プラケ組。



そして中型プラケ組。



ヤンイボ幼生、今の所ノーミスです。
プルケリマみたいにプカプカ浮かず順調に育ってます。

何故か大型プラケ組の方が大きく成長している。
餌やりの頻度も一緒なんですがね・・・不思議。

後1ヵ月もすれば背中にオレンジラインが出てきて
上陸カウントダウンに入ると思います。



拍手[0回]

PR
ヤンイボ、順調に成長して・・・



無事に孵化し始めました^^
産れた幼生は大体1.5cmぐらいあります。
プルケリマと同じかやや大きいかな。

 

イトメをいきなり食べられそうな気がしますがブラインを
与えています。

メスの方も無事回収し餌をバクバク食べてます。

 

右側の個体の色が悪いのでしばらく注意深く見ないと。
まぁ脱皮すれば綺麗になると思うんですがね。

しばらく幼生飼育に追われそうです。
ヤンのベビーに会うために頑張ります。

拍手[0回]

ヤンイボイモリも有精卵確定です^^

大分発生も進んで幼生らしくなって来てます。

 

このまま順調に育てば幼生ちゃんに会える日も近いと思います^^
 
今季はオス1:メス2でペアリングを行い産卵数は
60~70個、3割以上はカビてしまいました。

プルケリマは陸地の水際周辺のコケにあちこちと産んだり
水中の水草少量産みましたがヤンはチョッと違いました。



陸地水際の2箇所にゴソッとまとめて産んでました。
プルケは一つ一つ丁寧にコケにしっかり粘着して
産んであったんでがヤンは粘着されてたりされてなかったり
イボでも色々の産み方があるんだなぁーと。




オスは先週回収しメスもそろそろ回収しようと思ってるんですが
まだ水中にいる時の方が多いです。

陸地にいる所を撮ろうとしたら水中へ逃走してしまいました。
屋外飼育は色々心配なので強制的に回収するか・・・



拍手[1回]

ヤンイボがやってくれました^^

朝いつも通り出勤前に確認したら産んでました!!

 

パッと見は気付かなかったんですがよ~く見たらコケの奥に
産んでいるのを発見。

どうせ産んでないだろうとカメラ持って無かったんですが
慌てて取り行ってパチリと撮影しました。



今の所、5個位しか確認出来てないです。
大きさはプルケリマよりやや大きいか?同じかって感じ。

ペアリング後すぐに精嚢ばら撒き事件?!があったので
内心期待せずにはいられなかったんですが無事に
産んでくれて良かったです。

後は有精卵であるかが問題。
頼みます!!





拍手[0回]

繁殖ケージに合流させた翌朝・・・何だこれは!?
多分、精嚢なんでしょう多数陸地に落ちていました!!
 
 

求愛行動~受け渡しまでは水中で行われるはずなのでどうなんだろう??
精嚢はファイア系、マーブルと同じで透明なゼリー状の物。
ファイアなら落ちていればペアリングが上手くいっている
可能性が高い。
昨秋、マーブルも精嚢出しまくりだったが産まなかった
例もあるのでどうなんだろうか・・・


(入水中でも餌のおねだり!?)



今朝は特に変化なし。

オス、メスともにガシガシ入水してました。
昨年はまったく手応えなかったんですが今年は
一歩前進したかな?

あれだけ精嚢落ちてたんで1つ位拾ってても良いと思うんですけどね^^

拍手[0回]

プロフィール
HN:
かんた
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
生き物の世話
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) うちのイモしゃん All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]