カウンター 忍者ブログ
中国種イボイモリ・ファイアサラマンダー各亜種を多数飼育しています。 繁殖を主眼として日々試行錯誤しながら飼育を楽しんでいます。 繁殖~成長過程、日々の出来事など紹介していきたいと思っています。 水棲種有尾類は飼育休止中です。
[88] [87] [86] [83] [85] [84] [81] [82] [80] [79] [78]
悲劇でした・・・

2/11に3匹、2/21に5匹、2/22に1匹、計9匹いたのに・・・
今は3匹しかいません(泣泣泣)



月曜日(3/2)、いつもの様に作業をしようと水槽を見ると幼生が1匹ひっくり
かえっている!!
まず1匹目の☆、他の個体を慌てて個別飼育タッパーに移動。
よーく見ると動きがぎこちなく水カビのモヤモヤが付着!!
あーもー最悪っ・・・
移動させた後、しばらくして3匹が☆に・・・
翌日には2匹が☆に・・・

あーもー完全にへこみました・・・



今回の件、自分への戒めも込めて原因等書き残します。

◎水質の悪化
・水槽も小さい上に、水を10cmぐらいしか入れてなく、毎日ブラインを
 投入していたので食べ残しを完全に取りきる事が出来なかった。
・エアレーションと水草を入れていたが水草に腐敗物が付着して
 いた事に気が付かなかった。

→水槽も大きめにして水量をもっと増やしブラインの量を少なくする。
 食べ残しを食べてくれるラムズホーン等を同居してもいいかも。

さらにもう1つ・・・

ダニュにイトメをやったらいつになく興奮!!
雄の右後足に雌が噛みつき・・・
噛みつかれた雄、右後足の動きがおかしい
あぁ~最悪・・・

悲劇的な週初めだったんですが良い出来事がありました。
また報告します^^

 
 
 
 
 
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
無題
ウチの水カビのトリガーは活きイトミミズの過剰供給⇒水質悪化だと思います。スポフィル稼動でOKと甘く見ていました。ただ,たいしてイトミミズがいない状況で,ファイアの幼生1匹,生まれたてアカハラベビー20匹程度の状態でもそのファイア幼生に水カビがつきました。どうも,ファイア幼生は水カビに弱いというか,日本の水では水カビが出やすいと感じます。データを出しての検証ではないので,あくまで”感じ”です。ブラインはどうしても水が汚れてしまうので,大変ですね。のこりの子,元気にそだつよう,祈っております。

レッドビーの飼育から,栄養系ソイルでPH7(中性)に近づけるためにカウシウムを投与するとかなりの硬水になります。この状態でミズムシを繁殖させたら(経験的に爆殖します),良好な幼生育成環境になるのではないかと思っています。いつか,試そうと思います。
シゲル URL 2015/03/08(Sun) 編集
無題
大事にしているのに限って★
我が家のヘラも(涙)
共食いするのでしょうかね?
水中系は難しいですね(^^)
mm5000 2015/03/09(Mon) 編集
シゲルさんへ
ブラインだとどうしても水が汚れてしまいますよねぇ~。水質管理気を使います。
イベリア幼生、ダニュ幼生飼育の時はこんな事なかったんですけどねぇ~。
ファイヤ幼生は少食なんですかね!?
今は個別飼育にして朝晩、糞をスポイトで吸ってイトメやってます。もりもり食べてくれてます^^
かんた URL 2015/03/10(Tue) 編集
mm5000さんへ
幼生時はどうしても☆になる事が多いですが
今回は自分のミスですから・・・
共食いもするみたいなのでこの3匹は個別飼育にしてます。
水系は自分もあまり得意じゃないですね。
順調に行けば春には上陸して陸棲になるのでそれまで
気を引き締めて頑張ります!!
かんた URL 2015/03/10(Tue) 編集
プロフィール
HN:
かんた
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
生き物の世話
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) うちのイモしゃん All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]