カウンター 忍者ブログ
中国種イボイモリ・ファイアサラマンダー各亜種を多数飼育しています。 繁殖を主眼として日々試行錯誤しながら飼育を楽しんでいます。 繁殖~成長過程、日々の出来事など紹介していきたいと思っています。 水棲種有尾類は飼育休止中です。
[166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156]
前回の記事で無精卵の様でしたと書きましたが
何個かは発生して来ているようです(^^♪

ここまで変われば有精卵でしょぉ~・・・きっと(汗)

大体60個の内、8割は未発生でカビる、2割が発生した感じです。

 

このまま無事に孵化して欲しいです。



5/25に産卵を確認し、5/29に室内管理しました。
moiさんのところはほとんど発生している様だし
やはり産卵を確認したらすぐに回収した方が良いのか?
管理が悪かったのか?若い個体だったのか???
はっきりした原因は不明です。

 

こちらは回収後にポツポツ産んだもの。
注意深く観察して行きたいと思います。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
無題
イボイモリの仲間は陸棲のEchinotritonは3年ぐらい貯精できるんですが、Tylototritonは殆ど貯精出来ないんです。多くが未授精の場合、個体の若年もありますが、残存してる精子を使用したのかもしれませんね。後産卵の方が期待大ですかね。
パト 2016/06/05(Sun) 編集
パトさんへ
貴重な情報有難うございます!!上手く精子が造られなかったとすると繁殖前の栄養管理、入水させ準備させる事が重要なんでしょうね。プルケリマは少しでしたがシャンジンは期待しております^^
かんた URL 2016/06/05(Sun) 編集
プロフィール
HN:
かんた
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
生き物の世話
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) うちのイモしゃん All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]