カウンター 忍者ブログ
中国種イボイモリ・ファイアサラマンダー各亜種を多数飼育しています。 繁殖を主眼として日々試行錯誤しながら飼育を楽しんでいます。 繁殖~成長過程、日々の出来事など紹介していきたいと思っています。 水棲種有尾類は飼育休止中です。
[173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163]
プルケリマ幼生順調に育ってます。

ブラインは卒業し、活イトメを与えています。


 
(2.5~3.0cm位)

今の所、共喰い等ないみたいです。
毎日糞とり、餌やり大変ですが上陸まで
気を抜かずに頑張りたいと思います。


実は、繁殖を終え頑張ってくれた成体たち危うく☆にする所だったんです。
屋外繁殖ケージにいた時に皮膚病になりました。
気付いたのは餌やりの時でした。
急に餌を食べなくなって??おかしい?アッ!足が腫れてる!!
足の裏を見たら色が変わっていて膨れていました。


(正面右前足と後足、指が溶けて無くなってます)
  
慌てて室内管理にして綿棒でテラマイシン塗り塗りしました。
一番酷い状態だったオス、後ろ足1本関節から下が溶けてもげました。
メスは前足の指が溶けて骨が剥き出しになったり・・・
一時はどうなるかと思いましたが何とか立ち直ってくれました。


(手前の後足、関節から下が溶けてもげてます)
 
メスはすぐにレプトミン食べる様になりましたが
オスがまったく食べなかったので強制給餌の日々でした。

この皮膚病、結構やっかいですね。
一旦良くなったと思って油断しているとまた発症する。
床材は炭化コルクと大磯で3日に1度丸洗いしてます。

現在、メスはレプトミンをバクバク食べてくれます。
オスは活イエコ食べる様になってふっくらしてきました。

繁殖に成功しても肝心な親を☆にしてしまっては元も子もない
ので今回は良い教訓になりました。

 

みんな元気になりこんな光景が見れて良かったです^^


拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
無題
それはそれは・・・危ないところでしたね。でも最後の団欒写真でほっこりしました^^)良い写真ですね~
Beh 2016/07/14(Thu) 編集
Behさんへ
や~危なかったです!屋外飼育は色んな雑菌にさらされるので怖いですね。団欒写真でホッコリしてもらえて良かったです^^イボは可愛いですねぇ~。
かんた URL 2016/07/15(Fri) 編集
無題
幼生の成長が順調でなによりです♪
イトメが食べられるなんて、幸せな幼生ですネ。我が家は冷凍アカムシばかりなんで…(汗)

ミナミ、ヤン?コイチョウ?イボイモリを飼育しているので、他人事ではないです!!
指などが溶けてしまうような皮膚病には、なったことはないですが怖いです。かんたさんや先輩飼育者さんの皆さんより、床材の交換頻度がひくいので。マズいとは分かってはいるのですが…(汗)
治療や強制給餌は精神的に大変だったことと思います。良くなりますように!!m(__)m
クラック 2016/07/18(Mon) 編集
クラックさんへ
幼生順調に育ってます^^
イトメ、会社の近くにある熱帯魚店にあるんで非常に助かってます!

イボ系の皮膚病ですが今回初めてなりました。屋外飼育していたので色々な雑菌にさらされたのが原因だと思っています。床材の交換頻度も今だけですよ(汗)
一時はどうなるのかと思いましたが全頭バンバン餌食べてくれる様になって安心しています^^
かんた URL 2016/07/19(Tue) 編集
プロフィール
HN:
かんた
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
生き物の世話
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) うちのイモしゃん All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]